立派な店長になるための研修内容

店長研修で学べる内容

店長研修で目標設定の方法を学ぶ

店長研修で目標設定の方法を学ぶ 現在、コンビニの店長の激務が取りざたされています。
店長といえば聞こえはいいですが、雑用から店舗経営まですべてをこなさなければならない劣悪な労働環境が問題となっています。
激務の軽減には人材の確保が必要不可欠ですが、モチベーションを高めるためには店長研修を効果的に実施することが有効手段の一つです。
店長研修において重要視されることとしては、目標設定を明確にすることです。
まずは何のための店長研修なのか、研修をこなすことで何を目指すのか、最初に明確にすることが重要となります。
売り上げを伸ばしたいのか、ESといって店舗の従業員の満足度を高めながら働きやすい環境を目指すのか、店舗によって目標はまちまちです。
目標設定を明確にすることで、おのずと研修で実施するカリキュラムも変わってきます。
まずは大きな目標を決め、そこから具体的な数値面での目標を定めていくことが、効率よく研修を進めていく指針となります。
ただ集まって話し合いの時間にするのではなく、効果的な研修になるようにしましょう。

店長研修でクレーム対応の基本と危機管理を学ぶ

店長研修でクレーム対応の基本と危機管理を学ぶ 店長研修のクレーム対応では、まず正しいクレームの受け方と悪質クレーマーの撃退法を具体的な事例を元に学んでいきます。
クレームのほとんどはお客様からの提案や希望の裏返しで、どのように対応すればその場を収めることができるのか、その心得と技術を学びます。
また、店長研修の種類によっては反社会勢力などから不当な要求を受けたりしたときの対策や、悪質なクレーマー対策などを司法警察員の講師が法的な根拠を踏まえた上での撃退法を教えてくれる研修もあります。
クレームをプラスに変換する技術やクレーム対応スキルなどのクレーマーの感情を浄化するテクニックから、悪質クレーマーを見極めるポイントや覚えておくべき法的根拠などの具体的な事例を元にした対処法といったことまで、接客に関わる現場担当者だけではなく、お客様対応の必要がある人に向けて研修していきます。
さらに事故や天災などのトラブル対応術も店長研修でしっかり学んでいくことができます。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
Copyrignt(c) 2019 立派な店長になるための研修内容 All Rights Reserved.