立派な店長になるための研修内容

店長研修で学べる内容

店舗運営にはそれだけ能力を持っている人が店長に就いてマネジメントをすることです。
マネジメントはただお客様の対応ができるようにすると言うことだけではなく、店舗の採算を考えて利益を出さなければなりません。
その上で顧客満足度を高めていく活動をすることです。
そこに必要となってくるのが人材育成であり、教育研修です。
店長研修はこれら目的を明確にしてどのようなスキルが必要なのか役割や仕事を明確にすることが大切です。

店長の役割の遂行力を高める店長研修

店長の役割の遂行力を高める店長研修 店舗には店長がいてその役割が決まっていることが必要です。
何でもやらなければならないと言うことではなく、機能別に明確にしておくことです。
仕事に落とし込んで、スキルの有効性を評価することが大切です。
そのスキルがないのに店長を担ってもらっても、確実に利益を出してお店を運営することは難しくなります。
スキルアップには店長研修が必要です。
お店はOJT によって得るとこが多いですが、それだけでは不十分です。
店長研修によって役割を遂行できる技量をつけなければなりません。
行動力とも言いますが、主体的に動き、PDCAを回せる店長が常に利益を生み出せるのです。
お客様の満足も同様です、常に改善をする遂行力が大切なのです。

店長研修にて学ぶ!スタッフのモチベーションの重要性

店長研修にて学ぶ!スタッフのモチベーションの重要性 店長は、パートやアルバイト、正社員などの多くの部下を保有し、それぞれに対してモチベーションが上がるようにコントロールしなければなりません。
見た目の上での店長の成果は、売り上げ利益を最大化できますが、これを達成するために必要なのが、従業員のモチベーションが挙げられます。
最近は部下に対してやる気を維持することができねい店長が多くなっている傾向です。
それは、何らかの外部環境が作用している可能性もあります。
研修店長に必要な役割は、部下のモチベーションをどうしたら維持・高めることができるのかとなります。
しかし、店長の態度次第で、スタッフのやる気を維持することができる実績が多いのです。
そんな中、人材不足に陥り店長のポストが空いてしまい、適切な店長研修を受けることなく、店長になってしまうこともあるのです。
これでは、店長としての器はない人が運営しているため、経営も破綻してしまうことがあります。
そのような場合も積極的に店長研修をして、店長の器になるような、スタッフのやる気管理などができる人材を育てる必要があります。
このようなアクションにより、スタッフのやる気を育て、更には利益向上を実現することが可能です。

研修期間の長さの調整と店長研修に注目する

チェーン展開されているお店がたくさんある中で、マニュアル化を進めていくなど、効率よく業務をこなすことができるように、研修期間の長さも見直しを進めていく企業もあります。
自社で店長研修を行っていくことも大切ですが、研修のサービスを提供する企業もあります。
より実践的なことを学ぶことができる研修もあるため、店長研修の進め方の見直しを行っていくことも大事です。店長研修の見直しによって、今まで研修期間の長さが気になっていた問題も、店長として仕事をしっかりと行っていくことができる知識を身に着けられるなど、人材が育っていきます。
現場を知っている講師に指導してもらうことができたり、わかりやすく指導できるなど、プロに依頼することも重要になります。
プロに依頼することによって、今まで仲加奈優秀な人材が育たないと感じていた方も、プラスに変化を感じてメリットを実感できる方も多いです。効率よく業務をこなすことができるようにすることも大切です。

店長研修の一般的なカリキュラムは共通です

店長候補生は内定後に社内の店長研修を受ける必要がありますが、各企業によって異なったカリキュラムが用意されているでしょう。
ですが、基本的なことは共通しているために一般的なカリキュラムとしては、接客マナーと従業員の育成と店舗の運営のノウハウを身に付けることになります。
従業員の育成は必ず従業員の気持ちが理解できないと行うことが出来ないために、入社直後には数か月間現場で働くことになりますが、その場合には管理される立場となるでしょう。
この現場を経験している間に接客マナーを身に付ける必要がありますが、接客が出来ないと従業員の教育も出来ないので必ずクリアことが必須です。
店長研修は店舗のトップになるための準備なので、現場で経験を積んでいる間に周りの従業員とも仲良くなることが必要となりますが、従業員には正社員だけではなくてアルバイトやパートや派遣社員も働いているので、全員を平等に取り扱う必要がありますが、人材を使うためには労働基準法を勉強することも大切です。

店長研修を行うことは中長期的な影響力がある

店長研修は店舗をマネジメントする上で重要ですが、その効果としては中長期的にもメリットがあります。店長研修では顧客の状況把握に応じて商品を受発注したり、スタッフを採用してシフトを回すなど店舗全体を運営するための基礎力を高めます。
特に影響力が大きいのがスタッフの採用や育成という面で、マネジメントの優れている店長ほどその店舗スタッフの意識やモチベーションが高いとされています。
店舗スタッフはアルバイトであることが多く、なかには片言しか話せない外国人スタッフも多いのが特徴です。かれらは収入が大きな目的の中で、色々な店舗の中から自店舗を選んでくれています。
そういう意識で出来るだけやりがいを持って働いてもらうためには、様々な経験をさせたり店長自身があるべき姿(目標)として見てもらうことで継続的に働いてくれるということも少なくありません。
このような店舗のリスクはアルバイト人員の退職で、退職が増えるとその分採用にかかるコストが上がってしまうのです。

店長候補生は店長研修でスキルアップを目指す!

グループ会社がある大企業は、独自の企業で既に働いている従業員の中から店長を選択するのではなく、求人募集で店長候補生を募集するケースがありますが、採用後に直ぐに店長として働くことは出来ません。
店長候補生として採用になった場合には、自社の研修センターで店長研修を受ける必要があります。最初は店長のノウハウが一切ないために、店長研修を実地して店長の役割を果たすためにスキルアップを目指します。
スキルアップを目指す研修なので企業独自の教育マニュアルがありますが、マニュアル通りに行っていてもスキルは上がりません。
店長候補生は一般の正社員とは異なるために最初の1ヶ月程度は一般社員と同様の仕事をしますが、2ヶ月目からは本格的に人材育成の勉強をすることになります。
人材の育成の他には正社員やアルバイトのシフト管理など店舗の運営に必要となる、ノウハウを全て身に付けることが必須です。給料は店長候補生と言う肩書だけで一般社員よりも多少良いだけですが、正式に店長となると急に給料がアップします。

店長研修は人材育成において非常に重要な要素

店長は店舗における責任者として売り上げの状況から在庫管理、日々の利益率の把握など店舗経営における要となる存在です。
アルバイトのシフト管理やOJTによる育成、人員不足の場合の採用などこれらの業務の種類も量も多様なのは言うまでもありません。
これらのことから店長のスキルの底上げはお店の利益の向上に直結するので店長研修は人材育成において、非常に重要なのです。
店長研修では、主に運営でのテクニカルなスキルと店舗従業員のモチベーションなどを高めるコミュニケーションスキルを学習します。
どのように伝えれば相手が反応するのかや、目標設定と評価のプロセスを確認し点検することでマネジメントのスキルを高めていきます。
これらの成果として現れてくるのは、アルバイトの離職率の低減や採用の効率化です。もしその店舗がやりがいがあって働きやすい職場であれば、口コミで広がっていき結果、採用コストがかからないと言った好循環にもなるのです。

飲食関係のチェーン店では店長に店長研修を行い接遇マナーを身に付けさせる

最近では飲食関係のチェーン店が増えていて人気を博しているお店も多いですが、その人気の秘訣は安さはもちろんのことスタッフの対応の良さにあります。
スタッフの対応が良くないとお客さんは増えず笑顔が絶えず接客が良いと繁盛しますが、スタッフの雰囲気良し悪しは店長によって決まると考えている経営者も沢山います。 そこで多くの会社では店長に店長研修を受けさせて接遇マナーを身に付けさせるようにしていますが、これが大きなポイントでそれにより待遇が改善し売り上げアップに繋がるお店も多いです。 そのため多くの会社で店長研修を実施してその道のプロを講師として招いて研修を行っていますが、そこで学んだことを実践に移し上手く接客を行っているお店は繁盛しているケースが多く雰囲気もとても良いです。 このように飲食関係のチェーン店は店長研修を行い店長に接遇マナーを身に付けさせているケースが多く、このことが売り上げアップに繋がっていることもけっこうあります。

店長研修で行われるロールプレイングの期待値

店長研修はアルバイトで入る新人が、レジや接客の所作を繰り返し覚えるのとは違います。休憩室の壁に貼られた挨拶に使われる用語の反復と、声出しで肺活量や笑顔の訓練をすることも。毎日の業務前の準備運動や体操などで身体を柔らかくする効果があります。
店長研修はロールプレイングで店を任される代表者の責任を果たす練習です。枝葉や先端のつぼみとなり、末端のタスクを一部の歯車としてこなすのとは違います。全体の流れは閉店後の精算や掃除、連絡やシフト管理や毎日の業務を含めたセンテンスに合図を送る代表者です。ロールプレイングで得られるのは、演技をして店の利益に繋がるサービスを高確率で行える動作や、適任者の人格を模倣する術になります。一般市民からタイムカードを押した瞬間に変身して、リーダーシップやもしくは判断能力の高い経営の責任者と成り代わることです。意識の徹底も練習の目的にあり、店を永続的に回して金銭の振込を系列の母体へ送り出す基地局となるでしょう。

店長研修では現場で必要なプレゼン能力を養う

店長は店舗の構成やキャンペーンなどを提案する店内向けの内容だけではなく、お客様に商品をおすすめするなど頻繁にプレゼンを行う機会があり、ビジネスを成功に導くための重要なスキルです。
店長研修でもたっぷりと時間を確保し、しっかりとした能力を身に着けていきます。まずは座学によって必要な知識を頭の中に叩き込んでから、実技では他の受講生を目の前にプレゼンを行います。ある商品についてのセールスポイントを見つけて紹介して購買意欲を促すのはもちろんのこと、2チームに分かれてそれぞれ考えの異なる問題を主張し、どちらが説得力を持つのかを判定するなどして人の心を動かすための能力を身に着けていきます。これらの能力を使って実行したいプロジェクトについて詳しく説明して説得したり、商品に興味のないお客さんに振り向いてもらい、商品を手にしてもらうことができるようになります。これらのスキルは、現場で即戦力となることから、店長研修でも大きなウエイトを占めています。

飲食サービスの店長研修は来店客が講師となっている

日本全国でもっとも多い数で存在する施設、それは飲食店です。ファストフードからイタリアン、ラーメンにピザなどいろんな食べ物が存在をしており、どなたでも一度は口にされたことがあるでしょう。そしてこの店で働かれている方も、とても多いものです。
実際に店長として働かれている方もいるでしょうが、簡単にここで飲食サービスの店長研修の概要を解説していきます。まず店長研修では必ず講師を招いて講義を受けるのですが、レストランでは来店客が講師となるケースが大半を占めているのがポイント。実際に現場で対応をすることで、いろんなオーダーに対応できるスキルを」身に着けられるわけです。店長研修ではとくにアルバイトスタッフなどに指導をしないといけません。正しい接客マナー、客ごとに異なる注文・要望にも応じる柔軟さも指導対象です。決まった先生を招いても対応ができないため、営業中に店長研修をするというのが、現場の基本スタイルです。

パワハラを防止するために知るべき基準が学べる店長研修

店長は店舗の責任者として、すべてに目を配る必要があります。従業員の勤務態度に関しても注意を怠ることは出来ません。間違いがあればしっかりと指導をする責任を負っています。
時には強い言葉を使ってしまうこともあるかもしれませんが、この行為がパワハラと認定されてしまう可能性があります。熱心に仕事に取り組んでいるが故に起こってしまうこともあるので、何らかの対応が必要になります。そんな時に役に立つのが店長研修で、パワハラの防止にも繋がります。一線を越えなければ熱心な指導と言われる範囲に収まるので、その一線がどこに有るのかを知ることが大切です。どこまでが指導で、どこからが責任をとらなければいけない行為になるのかを知らないまま店長になった人もいます。そういった人に基準を知る機会を与えることは大切です。肉体的な打撃がだめなことは誰でも分かることですが、言葉の選択に関しては難しい面もあります。そういった点を明らかにしてくれる店長研修には大きな意味があります。

リーダー育成セミナーの参考サイト

リーダー育成 セミナー

新着情報

◎2022/12/02

情報を追加しました。


>飲食関係のチェーン店では店長に店長研修を行い接遇マナーを身に付けさせる
>店長研修で行われるロールプレイングの期待値
>店長研修では現場で必要なプレゼン能力を養う
>飲食サービスの店長研修は来店客が講師となっている
>パワハラを防止するために知るべき基準が学べる店長研修

◎2022/5/9

情報を更新しました。
>研修期間の長さの調整と店長研修に注目する
>店長研修の一般的なカリキュラムは共通です
>店長研修を行うことは中長期的な影響力がある
>店長候補生は店長研修でスキルアップを目指す!
>店長研修は人材育成において非常に重要な要素

◎2020/5/29

店長研修の重要なポイント
の情報を更新しました。

◎2020/4/24

研修にはさまざまな利点がある
の情報を更新しました。

◎2020/3/27

スタッフへの対応を学ぶ
の情報を更新しました。

◎2020/2/5

人材採用に困ったら店長研修
の情報を更新しました。

◎2019/11/12

店長研修の褒め方講座
の情報を更新しました。

◎2019/10/15

サイト公開しました

「店長 役割」
に関連するツイート
Twitter

店長役割とは?宇井先生に聞いてみました。

小島店長「喫茶店小島はね、喫茶店以外にもスーパーとか、何でも屋さんの役割を兼ねてるんだよ〜。何でも欲しい物があれば、私に聞いてみてね!」

Biz寄りのPjM/PdMなのでアーキテクチャ選定まではやるけどコードレビューは引き受けない。店長と料理長みたいに役割違うよね。ちゃんとシニアエンジニアをジョインさせておくれやす。

インスタマーケティング。キャラ設定 インスタ上のキャラを設定する。いち個人ではなく、公的な役割、役職としてのキャラクター設定をする。ファンづくりをするために店のアカウントでなく人のアカウント(店主 or店長) マーケティングのためのアカウントづくり。

小島店長「喫茶店小島はね、喫茶店以外にもスーパーとか、何でも屋さんの役割を兼ねてるんだよ〜。何でも欲しい物があれば、私に聞いてみてね!」

\✨役割に立つと進みが速い✨/ 自分の資質にあった役割についたら、 人は変わるし、 周りの人の動きがよくなるの‼️ 目の当たり😆👍👍 店長だから〇〇しなきゃなんて 手放して、あなたの得意なことに注力! 苦手なものは出来るものに頼る! 世のため、人のために👍

Copyrignt(c) 2019 立派な店長になるための研修内容  All Rights Reserved.